プロフィール

tomitaZUU

Author:tomitaZUU
 元IT起業家、現在は某大手金融機関にてタイのバンコクに駐在中。タイの上場企業のマネジメントとして戦略を担当させてもらっています。
 一橋大学経済学部を卒業後、某大手金融機関入社、支店営業にて会社史上最年少記録を樹立→本社プライベートバンク→シンガポール駐在&ビジネススクールを経て現在に至ります。
 夢は南極の氷が全て溶け落ちる程、世界を熱く燃え上がらせること。ネット×金融×教育を融合させ、来年起こす会社を時価総額10兆円へ、55歳までにその経営権を譲渡し、そこから100兆円規模の財団を起こします。そのゴールに向けて、一瞬一瞬を150%で走っています。
 ブログを見て頂けた方が、少しでも熱くなったり、モチベーションが上がったりしてもらいたいし、もしくは有益な情報を仕入れて頂けると光栄です。微力ながら、全身全霊でやって参りますので、御指導御鞭撻何卒よろしくお願い申し上げます。

詳しいプロフィール・連絡先は、こちら

Twitter
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ライフネット生命さんとの相互リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMU Module 4 (アメリカ編) その1 【Yale大学Executive Education ‘Certificate Course in Alternative Investing】

【アメリカ】
アメリカのコネチカット州ニューヘイブン(NYからバスで3時間)にあるエール大学のビジネススクールであるYALE SCHOOLE OF MANAGEMENT(エールスクールオブマネジメント)にて、一週間のExecutive Educationのプログラムに参加して参りました。欧米亜からのアジアの政府系機関のプロフェッショナルらが集まり熱いレクチャー、ディスカッションやグループワークなどを行ってきました。
Class Schedule in Yale
上記が1週間のスケジュール。一週間朝から晩まで缶詰状態です。最終日にテストがあり、パスすればエール大学のビジネススクールからCertificate Course in Alternative Investingという卒業証書が発行されます(

・エール大学の運用は、2006年に野村證券が発売して注目された「オールインワン」という投資信託をご存知の方は御馴染みに通り、オルタナティブインベストメントを大学の基金に組み込んでいることで有名。そのエール大学によるオルタナティブインベストメントを学ぶためのコースです。しかし、あまりにも期間が短すぎてあまり深く学べなかったというのがクラス全体の感想でした。それでも中日に訪問したブリッジウォーターを始め良い経験ができました。以下に簡単に紹介します。

(プライベートエクイティー/Private Equity)
スタートアップの評価方法や投資戦略、投資の際の検討事項など、内容としては前回のシンガポールにて行われた講義と大きな違いはなかったですが、さすがプライベートエクイティー最大規模のアメリカですので、具体例も多く臨場感のあふれる講義でした。

(コモディティー/Commodities)
商品投資の際の注意点や、どのように先物や現物価格を見極めるか、また商品ETFや商品に関連する仕組み債券ができたかの歴史を学びました。

(行動ファイナンス/Behavioural Finance)
ファンドマネージャーや投資家が、投資決定をする際に、行動ファイナンスという視点から検討しているのはもちろん当たり前かもしれませんが、アメリカのビジネススクールではよりこの考えが重宝されているようです。しかし、各ビジネススクールにより立場は異なり、行動ファイナンスの理論の賛成派・反対派で別れており今でも議論が続いているようです。
ちなみに、エール・ハーバード・プリンストンは賛成派。一方でシカゴ・MIT・ウォートンスクールなどは反対派としてよく知られています。


(不動産/Real Estate)
・基本的には商業不動産(オフィス・店舗など)と住居用不動産に分けられるが、ホテル不動産というのは別扱いになることが多い。なぜなら、ホテルは需給でプライスが毎日変化するものだから。
・教授がGoogle earthを利用してあちこちの不動産を紹介していたのが印象的でした。画像がリアルですし、ページごとにその地のリアルタイムの情報が表示されるので、その地に興味がわいてきます。ちなみに、アメリカの不動産屋さんはiPADを片手にこのGoogle earthを使いこなしているとのこと。
・ショッピングモールのような不動産開発や投資というのは、その周囲のマンションやオフィスとかに人を集めるための捨て駒であることが非常に多い。結果として、それ自体は赤字であるとのこと。

01_overview.jpg

(エール大学の風景。街自体が大学を中心に作られています)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。